代替要員について知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

派遣看護士と法律で許される範囲

一定期間のみ派遣スタッフ

代替要員として雇用される場合、医師でも、看護士でも派遣制度が適応されるので、単発で雇われていても問題はないでしょう。また、紹介予定派遣とは、派遣先の企業に直接雇用される形となっているので、一定期間のみ、派遣スタッフとして事前に業務をこなすという仕組みになっています。

そのまま社員として雇用されるシステム

派遣期間が終了し、企業と本人の気持ちが合えば、そのまま社員として雇用されるシステムになっています。社員になりたいけど、お試し期間中として派遣から人材を派遣するという形で、多くの方がこのようなシステムの利用をしています。なので、単発で募集をしている病院が派遣看護士を採用した際でも、代替要員になったり、紹介予定看護士になるので、法律には違反しません。

法律で除外されている医師や、看護士の派遣業務は、他にも存在しています。それは、福祉施設の中の診療所で採用される形です。特別養護老人ホーム、身体障障害者護施設等です。こういった診療所で勤務する際には、派遣の医師でも看護士でも採用する事が可能となっています。

派遣士看護会社

ポイント

豊富にある派遣会社の中でも、看護士を専門としている会社が豊富に設立されているので、あなたが派遣看護士として勤務したいと思っているときには、専門派遣会社へ問い合わせてみると良いと思います。求人を見るのもよいと思いますが、業務として法律に違反していないかの判断はできかねます。

とてもよい業務形態
指さしする看護師

こういった際、看護士の職務を専門として扱っている派遣会社であれば、知識もあり、単発 等の求人を豊富に持っているので、安心して応募する事が出来ると思います。とてもよい業務形態だと私は思いま す。雇用条件がどういったものかによって、働きやすい職場か、そうでない職場かに分かれると思いますが。 派遣看護師で自由がきくといっても、職場の環境によってかわってくるので、選ぶ際にはしっかりと職務内容などを確認しましょう。

派遣看護士の魅力の基礎的知識